薬剤師転職と退職金

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職と退職金

薬剤師転職と退職金

薬剤師転職でネックになるのが退職金です。勤続年数に従って退職金が支払われますが、転職するとその時点で退職金が支払われるため生涯勤務した場合に比べて退職金が少なくなるのではと不安を感じる人もいます。退職金は制度に加入していないと支払われることがないため、仮に退職金制度に加入していない中小零細の店舗などに勤務していると退職金そのものが無いというケースもあります。転職を考える場合、これまで退職金制度が無い薬局などから退職金制度を採用している医療機関への転職の場合であればメリットはかなり大きいといえます。

転職する場合、退職金が一時金として支払われることになります。勤続年数により退職金の支払い基準が変わるため、これまで勤務してきた医療機関に退職金の額を確かめることができます。かつては一生涯同じ職場で勤務することが美徳とされてきましたが、ライフスタイルや価値観が変化し、転職することはかつてのように冷たい目で見られることがなくなりました。確かに退職金の額が転職により少なくなるものの、転職後に収入がアップするなら、その後の退職金の額が増加し、メリットが大きくなる場合があります。もし転職の時点で退職金の心配が生じるなら、ライフプランを立てて一生涯中に得られる収入がどれほど違ってくるかを考えるようにしてください。

薬剤師転職により、新たに勤務することになる医療機関の中には、日本版401Kと呼ばれる退職金制度を導入しているところもあります。これは企業年金制度と呼ばれるもので、退職金を定年後年金のように支払う制度のことを指します。退職金が年金建てで支払われる場合、一括で受け取るよりも資産管理がし易く、預けている退職金が運用されることで得になります。通常は厚生年金だけの受け取りになりますが、このケースでは厚生年金の上乗せ分が毎月支払われるため、老後の生活はかなり楽になります。

もし退職金を多くもらえる可能性のある医療機関への転職を考えている場合は、自分だけで仕事を探すよりも転職エージェントの力を借りる方が良いでしょう。転職エージェントは薬剤師向けの求人情報サービスが提供するサポートのことで、医療機関の求人情報を把握し、転職希望者の要望に合わせた適切な求人情報の提供を行ないます。報酬が高く待遇が良いとされる非公開求人情報も提供できるので、自分だけで転職活動をする人に比べて、転職の際の満足度が違います。おすすめのサポートです。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.