薬剤師転職の自己PR

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職の自己PR

薬剤師転職の自己PR

薬剤師の転職で成功を左右するのが履歴書の書面や面接時に行なう自己PRです。履歴書の場合、採用側が自己PR欄に目を通して応募した人がどのような性格の人なのか、仕事に対してどのような気持ちを抱いているのかを判断します。面接時の自己PRでは応募する人の印象がその場で決まります。ですから履歴書を書く際、面接に臨む際に自己PRをどのように行うかはとても大切になります。薬剤師も一人ひとり性格が異なります。中には引っ込み思案の人や内気な性格の人もいますから、自己PRは得意でないと感じている人もいます。反対に積極的に自分をアピールできる人もいます。

もし内気な性格であったり、引っ込み思案の性格であったりする場合には履歴書を使って自己PRを行なうようにすると良いでしょう。どんな小さな点でも自分の長所が分かればそこをアピールします。例えば自分特技、趣味、長く続けていることなどを引き合いに出すことができます。毎日日記をつける習慣を持っている人であれば、物事に対してコツコツと取り組むことができる姿勢をアピールすることができます。自分には自己PRにはつながらないと思うことでも、他の人が見て評価してくれる点がありますから、信頼できる友人や家族に自分の長所を聞いてみることもできます。

薬剤師として採用されるためのポイントは、採用側にとって使える人材であることをアピールすることです。例えば人と会話することが得意という人であれば、コミュニケーション能力があることをアピールします。薬剤師の場合、多くの患者たちとの接点が生まれますから、コミュニケーション能力は必須です。自分の長所を積極的に明らかにして、採用側に良い印象を与えるように努めてください。これまでの仕事ぶりを伝えることもできます。例えば与えられた仕事をきちんと果たすために、まじめに仕事に取り組んできたという点や、重圧を感じてもストレスをためずに仕事ができるといったことをアピールできます。

薬剤師転職で自己PRは成功のポイントの一つです。もし自分をアピールする方法に行き詰ったり、面接でどのように自分の長所を伝えればよいか分からなくなってしまったりした場合には、転職エージェントのサポートを活用することもできます。薬剤師の転職を幾つも手掛けてきた経験に基づいて、アピールできるポイントの探し方や、伝え方などの方法を教えてくれます。面接の際のシミュレーションでは、自己アピールが相手にどんな印象を与えているか、客観的なアドバイスももらえます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.