薬剤師転職の再就職・復職

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職の再就職・復職

薬剤師転職の再就職・復職

「出産を機に退職したけど、子供の手が離れてきたのでそろそろ薬局に復職したい」とか、「以前の職場では激務が続いて体調を崩してしまったので、今度働く職場はプライベートと両立できる所を選びたい」など薬剤師たちは色々な事情で再就職を考えています。確かに薬剤師の資格は一度取得してしまうと多少のブランクがあっても半永久的に社会的に認められている資格ですから、一般の方に比べたら再就職は簡単と言えるかもしれません。

しかし、しだいに大都市圏では薬剤師の数が飽和傾向にあるので、中々すぐに再就職先を見つけることが難しくなってきました。以前働いていた職場に復職を考えていたとしても、かなりのブランクが空いてしまうと同じ条件で雇用されることは難しいかもしれません。

一昔前の調剤では医師からの処方箋通りに投薬を行うことが薬剤師の仕事でしたが、現在の薬剤師の仕事は患者との会話を通して薬歴やアレルギーを持っているかなどの体質等の確認などを行って処方箋と照らし合わせて投薬していきます。場合によっては医師に対して疑義照会を行うことも必要です。またどんどん進化していく新薬に関する情報を常に勉強し続けなくてはならないですし、レセコン入力などの事務も薬局によっては覚えなくてはいけない場合があります。また現在の調剤薬局では患者サービスに力を入れている所も多く、高いコミュニケーション能力が必要とされる場合があります。たった1年のブランクでも、再就職を果たした時に、自分が働いていた職場とあまりにも環境が違いすぎていて、最初は戸惑ってしまうかもしれません。

医療業界の進歩のスピードは光陰矢の如しで、ブランクがあればあるだけ再就職の足かせになることは言うまでもありません。しかし就職先の中にはブランクがある人向けの研修をしてくれる所がありますし、今まで仕事をしてきた経験を高く評価してくれる所もあります。薬剤師としての経験ももちろん大切ですが、例えば姑の介護をしていた経験を評価してくれて在宅医療に力を入れている調剤薬局に採用されたというケースもあります。最初からブランクがあるからといって諦めたりせず、自分の知識や経験を活かせる職場を探してみると良いでしょう。

そしてもちろんの事ですが、ブランクがある分、自分なりに独習していく事も大切です。薬剤師向けのセミナーに参加したり、その他の薬剤師との交流を通して情報交換をしたりなどして、自分の知識をブラッシュアップしておくことも忘れずにしておいてください。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.