薬剤師転職で公務員へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で公務員へ

薬剤師転職で公務員へ

薬剤師転職で公務員を目指す人がいます。雇用条件が安定しており、不況にも強い公務員への転職は、薬剤師の間でも人気が高い求人の一つです。公務員には国家公務員と地方公務員とがあり、地方自治体が運営する病院の院内薬局に勤務する場合には、地方公務員待遇となり、国が運営する医療機関では国家公務員待遇になります。同じ病院でも民間とは雇用形態が大きく異なります。公務員として働くことができるケースとして、保健所での勤務もあります。薬剤師のスキルと医薬品に対する知識を生かすことができます。

公務員の募集は一般的に国や地方自治体により公表されます。国立病院の場合は、病院のホームページで求人情報が提供されるケースが増えています。地方自治体も同様で、市町村の広報に求人情報が掲載されることがあります。情報量は少なめですから、定期的にチェックを行ない、求人があればすぐに申し込むようにするのがおすすめです。公務員の魅力は勤務条件が民間に比べてハードではないという点もあります。定められた勤務終了時間になるとその時点で仕事を上がることができるため、体への負担が少なく、ストレスも受けにくいというメリットがあります。

福利厚生面でも違いがあります。民間の医療機関では厚生年金を採用していますが、公務員の場合は共済年金制度に加入できます。年俸は民間に比べて少な目ですが、共済年金は厚生年金にさらに上乗せをする三階建ての制度で、生涯もらえる年金額は厚生年金よりも多くなり、企業年金並みの待遇が保証されています。待遇面での良さが公務員を目指す薬剤師の増加に拍車をかけています。給料は地方自治体の方が国よりも良い場合があります。特に地方の医療機関では薬剤師不足を解消するため、好条件を設定している医療機関もあります。

公務員への薬剤師転職を目指す場合、求人情報サービスは利用できないのではと思うかもしれませんが、そのようなことはありません。国立、公立、私立を問わず転職エージェントたちは利用機関の求人情報を提供してくれます。事前カウンセリングで待遇面での希望を伝えておくならば、希望に合わせた求人情報を探してくれます。また一般向けには公開されない非公開求人情報についても公立、国立病院は情報提供を行なうことがあるため、より高待遇での職場を探すことも可能です。転職エージェントの利用は無料で、転職の悩みや疑問にも向き合ってくれます。上手に活用すれば、夢を叶えることができます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.