薬剤師転職で製薬会社へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で製薬会社へ

薬剤師転職で製薬会社へ

薬剤師の転職というと病院や調剤薬局を思い浮かべがちですが、製薬会社への転職が実はとても人気があります。その理由はお給料の高さや待遇の良さです。製薬会社の年収は平均すると約450万円と言われており、これだと病院や調剤薬局で働く薬剤師とさほど変わりはないように思えますが、製薬会社の中にはMRやDIなど様々な職種があり、実績や経験がお給料の査定に大きく響く職種であれば、年収が1,000万円を超えることもざらです。また製薬会社は一般企業ですから土日や祝日はお休みの所が多いですし、かつ育児休暇なども取りやすい環境が整っています。産後も続けて働ける環境が整っているので、特に女性の薬剤師であれば、育児と仕事が両立できる製薬会社への転職は憧れの的です。

製薬会社では多くの薬剤師資格を持った人が働いています。彼らの職種は研究・開発やDI(Drug Information)、学術職、MR(Medical Representative)が挙げられます。研究・開発はいわば製薬会社の花形で、新薬の研究や治験データの収集などが業務になっています。すぐに結果の出る仕事ではないので、粘り強さが必要な仕事で、特に研究職の場合は薬剤師の中でも修士課程を卒業した人ではないと入れないような、狭き門となっています。DIは医薬品に関する情報を医療従事者や一般の方へ向けて提供するのがお仕事です。電話やメールで質問に対する回答をするのも仕事の一つで、常に薬に関する情報を頭に入れておかなくてはならず、参考文献にも精通しておく必要があるとてもハードな仕事でもあります。

学術職は世界中で日々更新されているあらゆる医薬品の情報を収集、管理し、関係者に提供するのが仕事です。海外の薬学情報の文献を読み理解することが必須となるため高い英語力が必要となります。最後にMRですが、医師や薬剤師に対して自社の医薬品の情報を提供するとともに、クレーム対応にもあたる仕事で、高いコミュニケーション能力が必要とされます。

製薬会社への転職は研究・開発部門の場合、特定の大学の修士課程を卒業していなければ、ほぼ無理ですから、狙い目はDIやMRです。しかし製薬会社のDIやMRはとても人気があるので、倍率が高いことを覚悟しなければなりません。だからといって最初から諦める必要はなく、日々の仕事をきちんとこなして、自分の薬剤師としてのレベルを上げていれば、必ず道は開けるので、諦めずに続けるようにしてください。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.