薬剤師転職で異業種へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で異業種へ

薬剤師転職で異業種へ

薬剤師の仕事を続けてきたものの、ストレスに悩み異業種へ転職しようと考えることがあるかもしれません。薬剤師以外にも道は開かれていますから、異業種でもこれまでに培った能力を生かして別の分野で成功する可能性があります。薬剤師の場合、新たな知識を取り入れ続ける必要がありますから、勉強が好きな人が多く、自分の能力を生かして新しいことを学び、IT関連企業へ転職する人もいます。薬剤師で教員免許を持っている人であれば、教師として活躍できる可能性もあります。異業種への転職は勇気が要りますが、思い切って一歩踏み出すことで新たな人生のステージから喜びを得ている人もいます。

異業種への転職を考える場合でも、できればこれまでの資格を生かした仕事がしたいと思うかもしれません。例えばアロマテラピーの仕事を始める場合、薬剤師として培った経験と薬の効能に関する知識を生かすことができます。調剤と同じように様々なハーブを組み合わせて鎮静効果を出すなど、薬剤師に似た仕事をすることができます。中には薬剤師からアロマテラピーのお店を出店することにした人もいます。薬剤師の資格を生かすことで、信頼を得やすいというメリットもあります。

医療機関で働く場合、調剤薬局以外の別の分野として治験コーディネーターとして勤務する方法もあります。治験コーディネーターとは治験に参加する患者と向き合い、精神的な面でのケアを差し伸べる人のことを指します。新薬の開発において治験はなくてはならない制度ですから、薬剤師のように薬に詳しい専門家は積極的に採用される可能性があります。治験コーディネーターはCRCとも呼ばれます。CRCは医療機関の治験に関わる部署と緊密な連携を行なうため、薬剤師などの医療従事者は特に重宝されます。しかも医薬品メーカー側の信頼も得やすく、有利に薬剤師資格を生かせる仕事と言えます。

異業種への転職を考える場合には、薬剤師資格を生かした転職をするのか、それともまったく別の分野への転職をするのかによって方向性が大きく変わってきます。もし異業種への転職を考えている場合には、転職エージェントに相談することができます。この場合薬剤師に限らず一般向けの求人情報サービスが提供する転職エージェントを利用することもできます。もし薬剤師資格を生かした転職がしたい場合には、薬剤師に特化した転職エージェントの利用をおすすめします。自分の希望にあった求人を一緒に探してくれるため、転職の満足度が違います。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.