薬剤師転職(高齢者編)

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職(高齢者編)

薬剤師転職(高齢者編)

定年で薬局勤務や製薬会社の勤務を離れても、薬剤師免許を生かして転職をしたいという意欲を持つ高齢者が少なくありません。団塊の世代と呼ばれる人は勤労意欲が強いため、中には免許を眠らせたままにはしたくないという願いを持っている人もいます。高齢者の転職は一般的には厳しいと考えられていますが、薬剤師に関しては求人が多く逆に資格を生かして仕事ができる機会が多くあるため、積極的に転職活動をすることができます。高齢者でもできる仕事には、ドラッグストアや薬店での勤務があります。

ドラッグストアでは第一種医薬品の取り扱いを行なっている店舗があります。第二種医薬品までは登録販売者資格を有していれば取り扱いができますが、第一種医薬品は薬剤師が不在の場合、販売することができません。時折ドラッグストアの店頭で本日薬剤師不在のため、第一種医薬品の販売ができませんといった案内が表示されているのを見かけることがあります。店舗としては売り上げを伸ばすため、第一種医薬品を販売したいというのが本音ですが、薬剤師不在ではどうしようもないため、そのような策を取っているのが実情です。

高齢者でも薬剤師免許は欠格事項に該当しない限り保有し続けることができるため、ドラッグストアでは高齢者の薬剤師を歓迎しています。積極的に雇用を行なって顧客のニーズにこたえようとするのです。高齢者の薬剤師は全国チェーンのドラッグストアや地方の大型ドラッグストアでも募集しています。高齢だから仕事は無いのではとあきらめるよりも、薬剤師に関しては逆転の現象が起きています。ただしドラッグストアの勤務は服薬指導以外に品出しなどの業務もあり、体力が求められる場合が少なくありません。ある程度体力に自信のある人であれば、問題なく仕事ができます。

高齢者の薬剤師転職を考える場合に役立つのが転職エージェントの活用です。高齢者の場合、何かのことで人に頼ることに引け目を感じてしまう人もいますが、転職エージェントは様々な年齢層の薬剤師が転職の際に利用しているため、遠慮する必要はありません。むしろ積極的に活用することで希望にあった仕事が探せます。転職エージェントは無料で利用でき、高齢者の求人を出している企業や医療機関の情報を豊富に持っています。転職の際に不安があれば耳を傾けてくれますし、希望にあった転職先を紹介してくれます。勤務時間や条件面でも募集側と交渉してくれるためより良い条件を引き出すことも可能です。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.