薬剤師転職で薬局以外へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で薬局以外へ

薬剤師転職で薬局以外へ

薬局以外に転職できる分野として、病院の開発部への転職があります。総合病院によっては調剤以外に薬を開発研究している部署があります。製薬会社とタイアップして新薬の製造に関わることもあります。薬局のようにすでに用意されている医薬品の調剤とは異なり、これまでのスキルを生かせる仕事です。それだけに人気が高く、倍率はかなり高くなります。薬局以外での仕事がしたい場合には、考慮することができる分野の一つです。転職条件によっては一度薬局に配属されたのちに異動することになる場合もあるため、条件を良く確認して申し込むことができます。

薬局以外の転職として治験コーディネーターがあります。治験は新薬製造のために必要不可欠な制度で、毎年多くの治験参加者がいます。治験参加者は健康な人だけでなく、現在治療中の人もいます。健康な人の場合、薬の効果を確かめるため数日ないしは数週間医療機関に入院して新薬の効果を確かめるための服薬を行ないます。この時に服薬指導を行なうのが治験コーディネーターの役割です。服薬指導だけでなく服用後にどのような効果が現れるのか、副作用はないかなどの情報を製薬会社や利用機関側にフィードバックします。

他にも製薬会社への勤務という選択肢があります。製薬会社では研究開発に携わる薬剤師だけでなく、営業を行なえる薬剤師も募集しています。薬剤師は薬についての知識を豊富に有していますから、営業の際には医薬品のメリットを強調するのに良い立場にいます。すでに多くの患者とのコミュニケーションを取ることで、コミュニケーション力も磨かれていますから、営業職でも十分やっていけるのが薬剤師の強みです。薬局とは違い一日中建物の中にいる世界から解放されるため、ある意味新鮮さを味わえる職種です。

薬局以外の職業に就きたいと思う場合には、転職エージェントに希望を伝えて薬剤師資格を生かせる他の仕事に就いての情報を入手するようにしましょう。転職エージェントは薬剤師免許が生かせる様々な業種の情報を知っています。実際に薬局以外への転職をした薬剤師たちもいますから、経験を踏まえて適切な仕事の紹介が可能です。しかも転職エージェントたちは面接対策や履歴書対策など、転職で難しいとされる分野においてのサポートも提供してくれます。無料で活用できる転職エージェントを利用すれば、将来の可能性を広げることができ、薬剤師転職で成功を収めることができる可能性が高まります。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.