薬剤師転職で田舎・地方へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で田舎・地方へ

薬剤師転職で田舎・地方へ

IターンやUターン転職という言葉を耳にすることがあります。これは故郷を離れて都会で仕事をするようになった人が自分の故郷で仕事をすることを選ぶことを指しています。また地方での仕事をあえて希望する人のことも含んでいます。地方や田舎では薬剤師不足が都会に比べて深刻になっているため、求人案件が都会に比べて条件が良く転職メリットが大きい場合が少なくありません。地方では過疎化が進み、人材の流出が続いています。薬剤師にとっても状況は同じで、都会の医療機関への転職を希望する薬剤師が多いため、地方にはなかなか人が集まらないという実情があります。

地方の薬剤師不足を解消するため、医療機関は条件や待遇面で良い条件を出して薬剤師を確保する動きを見せています。求人案件の中でも注目されているのが報酬面での優遇です。特に離島や山間部などのへき地における医療は必要性が非常に高く、薬剤師も少ないか全くいないため医療危機に直目している場合があります。こうした地域では薬剤師を積極的に採用するため、高額報酬を提示して薬剤師を呼び込む作戦を立てている医療機関が少なくありません。都会よりも賃金を10%から20%以上割増しにしているところもあります。

田舎や地方での薬剤師勤務は不便さが気になるかもしれません。へき地での勤務の場合、給料は多くてもショッピングモールなどの商業施設がなく、娯楽もあまりないなどの状況が見られています。そのためか地方での薬剤師転職を目指す人の中には、休暇の時期に海外へ出かけるなどして、余暇を満喫する人もいます。ある程度の精神的なタフさが求められますが、住めば都という言葉の通り、地方でもなれてしまえば生活しやすく感じられるようになります。考え方次第で楽しめるかどうかが決まるのが地方や田舎の薬剤師勤務の特徴と言えるでしょう。

思い切って地方や田舎への薬剤師転職を考える場合には、待遇面でこれまでよりもずっと優れた職場環境を求めるかもしれませんし、福利厚生が充実している医療機関を選びたいと思うかもしれません。その場合におすすめなのが転職エージェントの活用です。薬剤師向けの求人情報サービスでは、転職エージェントを配置して、薬剤師の転職をバックアップしています。全国の求人情報の中から希望にあった情報を提供できるため、地方や田舎での勤務を望む場合にも喜んで対応してくれます。待遇面での交渉も行なってくれるため、自分の希望に合わせた仕事が見つけやすいのもメリットの一つです。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.