薬剤師転職の独立・開業

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職の独立・開業

薬剤師転職の独立・開業

薬剤師になったからには、いつかは自分の調剤薬局を経営したいという人は多いです。勤務薬剤師として経験を積んだ後、自分が理想とする調剤薬局を開き、定年の心配をする必要なく自由に働くことを望むのであれば一国一城の主になるというのは正しい選択と言えるでしょう。

しかし独立開業と言っても、開業資金が必要ですし、立地はどこにしたら良いかわからなかったり、事務処理などどうしたら良いかわかならかったりなど、色々迷いはあるものです。そこでおすすめするのがフランチャイズの調剤薬局です。コンビニを想像していただけると理解しやすいと思いますが、いくらかのロイヤリティを払ってその看板や商品、そしてノウハウを使用させてもらえば、何もかも一人で行うよりも数段早く、そして確実に売り上げをあげることができます。

自分がどのフランチャイズに入るかを決めたら早速どこに薬局を開くか場所を決めなければなりませんよね。不動産の知識がなければ中々どの立地を選んだら良いかわからないものですが、フランチャイズに入ればおすすめの立地や物件に関してアドバイスをもらうことができます。また開業資金や運営資金に関してすべて自分で用意できる人は稀でしょう。そこでどこかの金融機関から融資をしてもらうことになるわけですが、その融資の申請に関してもアドバイスがもらえたりするので、独立して薬局経営が軌道に乗るまでの不安な間も心強く感じることができるでしょう。

さらにフランチャイズに加盟することで受けるメリットと言えばフランチャイズのスケールメリットを利用して医薬品を安く仕入れることができることです。人件費の他に薬局経営を圧迫するのがこの医薬品購入費ですから、これを抑えることができることは健全な経営を目指す上で重要です。フランチャイズではもちろんロイヤリティの支払いがある点がデメリットとしてありますが、あらゆることを最初から自分で一人で行うよりもはるかに時間と労力とお金をかけずに進めることができるので最終的にメリットを感じることが多いでしょう。

薬局経営は確実に売り上げが回収できる業種ですから、最初は大幅な赤字でも着実に売り上げを伸ばしていけば、年収が1,500万円を超えることも珍しくはありません。最近では門前薬局での調剤報酬引き下げの実施を受けて、ますます在宅医療への流れが加速しています。時代をよく読み、そして地域のためによりよい調剤サービスを提供していこうという情熱があれば、薬局経営が軌道に乗るのもさほど遠い道のりではありません。独立・開業は大変ですが、一歩ずつ歩んでいってください。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.