薬剤師転職と住宅手当

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職と住宅手当

薬剤師転職と住宅手当

家計支出の中でも大きな出費になるのが住宅費です。アパートやマンションを借りている場合、地域によっては収入のかなりの部分を占めることがあります。持家についても同様で、何十年にもわたって住宅ローンを支払い続けるため、家計に対する負担は大きくなります。家族を持っている方であれば、住宅費以外にも教育費などの費用がかさみ、生計を圧迫します。こうした状況を少しでも改善するように労働者の勤労意欲を高めるため福利厚生が定められています。中でも住宅手当は負担を軽減する点で役に立ちます。薬剤師の転職においても、住宅手当の支給がある医療機関を探したいと思うことでしょう。

医療機関が定める福利厚生には住宅手当が含まれる場合が多くを占めています。支給額は家族構成などによって異なりますが、数万円の手当が支給されるため家計の負担は軽くなります。住宅ローンに充てることもできるため、将来の資産形成に役立つ手当とも言えます。住宅手当が支給されない薬局などで勤務している薬剤師であれば、待遇の良い職場での勤務に転職することで、生活を楽にすることが可能になります。数万円の手当は年間トータルで数十万円にもなりますから、過小評価できない手当です。

住宅手当が支給されない代わりに寮を利用できる場合もあります。総合病院の場合は医療従事者向けに寮を併設したり、アパートやマンションを借り上げて寮として提供したりしているところもあります。寮は格安な家賃で入居できるため、節約にもつながります。家族向けの寮が提供されている場合、一般に借りるよりも安い家賃で入居できますから住宅手当をもらうのと同じ、もしくはそれよりも多く節約できる場合があります。どちらがメリットが大きいかは転職のときに比較して考えてみることができます。

住宅手当が支給される薬剤師転職を目指す場合、住宅費補助などの福利厚生を用意している求人でも内容がより充実したものを探すのが大切です。その際には転職エージェントのサポートを利用することができます。転職エージェントは医療機関との太いパイプを持ち、住宅手当などの福利厚生や寮の完備、寮費などについての情報も有しています。転職エージェントを活用することで、住宅手当の手厚い医療機関に転職できたという人もいますし、家計が楽になったと喜ぶ人もいます。薬剤師向けに特化した求人情報サービスを活用すれば、薬剤師の転職を成功させることができます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.