薬剤師転職で外資系へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で外資系へ

薬剤師転職で外資系へ

外資系企業への転職にあこがれたことはありませんか?外資系企業の魅力は、報酬が高額であることや、休暇が長いこと、福利厚生が充実していることなど様々です。しかしどうすれば外資系企業への薬剤師転職ができるのか良く分からないというのが実情かも知れません。外資系企業への転職は日本でも可能です。国内には海外に本社を置く外資系の製薬会社や臨床開発を行なう外資系企業があります。これらの企業への転職を目指すことで外資系企業への就職の道が開けます。外資系企業への薬剤師転職を目指す場合には、英語力とコミュニケーションスキルが必要になることも覚えておきましょう。

外資系企業の場合、製薬会社では上司が外国人だったり研究チームの共通語が英語だったりと英語を使う場面が多くあります。そのため少なくとも日常会話レベル以上の英語力が必要です。特に研究開発分野では専門用語が多く使われるため、医療用語などの専門用語の取得が必要になります。転職を考えると同時に、英語力を鍛えることも大切です。求められる英語スキルはTOEICスコアで750から850点以上が必要になります。つまりネイティブスピーカーレベルの高いレベルの英語力が必要です。

外資系企業への転職を成功させるために、英会話スクールに通うのはどうかと思うかもしれません。ビジネスレベルの英会話が求められるため、レベルの高い授業を提供している英会話スクールを選ぶようにすると良いでしょう。時間に余裕がある方なら、海外留学を考えることもできます。海外の薬学部への留学をすれば医学用語も取得できます。英会話と同じくして求められるのがディベート力と、リーダーシップです。プロジェクトチームをまとめる役割を担うこともあり、交渉力や統率力を身に着けることも必要になります。求められるスキルは高いですが、その分報酬面も高待遇です。外資系企業の薬剤師求人では年俸1500万円以上を支払う企業もあります。

外資系企業への薬剤師転職を目指す場合には、自分で探すだけではかなり難しいといえます。転職成功者たちは転職エージェントを活用しています。外資系企業の薬剤師求人情報をピックアップし、最適な情報を提供します。しかも報酬や待遇面で希望に合わせた情報検索を手伝ってくれるため、より条件の良い仕事を紹介してもらうこともできます。すべて無料で利用できるサービスですから、薬剤師求人を考える際にはぜひとも利用をおすすめしたいサービスです。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.