薬剤師転職で楽な職場へ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職で楽な職場へ

薬剤師転職で楽な職場へ

病院の薬剤部の勤務では、当直がありハードな仕事をこなさなければならないことも多々あります。ハードな仕事が続くと、やがて仕事上のストレスが増加して、体を壊してしまうことにもなりかねません。薬剤師の中にはこれまでのハードな仕事を辞めて、もっと楽な職場へ転職することを考える人もいます。薬剤師にとってのもっと楽な職場には、院外薬局への転職があります。薬局や薬店は、病院の治療時間に合わせて調剤を行ないます。例えば隣のクリニックの診察時間が午前9時から午後6時で昼休みが午後12時から3時までの場合、薬局も同様の時間帯で調剤を行ないます。これだけでも当直と比べて楽な仕事だということが分かります。

扱う患者数が少ない病院で勤務するという方法もあります。患者数が少なければ調剤の時間が少なくなるため、負担は軽くなります。地方の個人クリニックなどは患者が少ない場合も多く、薬剤師の負担が少なくて済みます。ドラッグストアにある調剤薬局で働く方法もあります。ドラッグストア自体は深夜まで営業するところがありますが、調剤薬局は時間を午後5時もしくは6時までと定めているところがほとんどですから、勤務時間はドラッグストアに比べて少なくなります。

もちろん仕事で楽な仕事というのはそうありません。しかし体にかかる負担を軽減することで、仕事がはかどるだけでなく、ストレスの減少にもつながり、結果的に健康維持につながります。もし今の仕事がとてもハードだと感じているのであれば、負担の少ない業種へ転職して、負担を軽くすることができます。ただし、仕事が楽な分給料も少なくなります。できればたくさん稼ぎたいと思っている場合は、楽な職場への転職をあきらめたほうが良いでしょう。主婦であればパートタイムでの薬剤師勤務が楽だと感じている人もいます。

今までの職場での待遇がきつく、転職して負担を軽くしたいと考えている場合、薬剤師向けの求人情報サービスに加えて、転職エージェントを活用することも大切です。転職エージェントは勤務条件を調査して今までの職場よりも負担が少なく、楽な職場を探します。希望する条件に合わせて適切な求人情報を提供することができますから、負担を軽減したいと考えている薬剤師にぜひ利用をおすすめします。転職エージェントの利用に関わる費用はすべて無料で、面接対策などもしてくれるため、転職が成功するように導いてくれます。条件の良い非公開求人も提供してくれるので、転職成功率が高くなるという特徴もあります。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.