薬剤師転職(ブランク明け編)

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の転職の悩み >> 薬剤師転職(ブランク明け編)

薬剤師転職(ブランク明け編)

出産や育児などで薬剤師の仕事を辞めざるを得なくなったり、異業種への転職で薬剤師の仕事を離れたりした場合、薬剤師としてブランクが生じます。ブランクがあるものの、もう一度薬剤師免許を生かして働くことを考える場合、どの業種にすればよいかに迷ったり、失敗せずに仕事ができるか不安になったりするものです。安心できる点として、再就職においてブランクは重要視されることはそれほどありません。薬剤師免許は欠格条項に該当しなければ持ち続けることができるからです。もしブランクがあって心配であれば、研修制度を導入している医療機関を探すようにすると良いでしょう。

求人情報を見ると、ブランク歓迎の求人があります。例えばこれまで勤務していた薬剤師が退職して、急に薬剤師を必要とする事態になった時が該当します。ドラッグストアの場合、一店舗当たり一人の薬剤師を配置する傾向があるため、薬剤師が退職してしまうと、第一種医薬品が販売できなくなってしまう事態に直面します。こうした状況を回避するために、積極的にブランクのある薬剤師を雇用するようにします。また調剤薬局であれば他の薬剤師たちと一緒に調剤を行なうことで、仕事に慣れることができブランクの穴埋めができます。

医療機関への転職の場合、ブランクがあっても応募ができる求人がありますが、選択する際には研修制度があるかを確かめるようにします。特に長期にわたってブランクがある場合は、新たな知識を取り入れるためにある程度の期間が必要になります。薬学に関する知識を習得するための研修制度があれば、安心して薬剤師として勤務できます。また薬剤師向けの講習を活用する方法もあります。ほかにも、個人クリニックでの勤務もおすすめです。扱う医薬品の数が限られているため、少しずつ覚えていくことができるからです。

ブランクがあっても資格を生かして薬剤師として働きたいと思う場合には、希望に合わせた仕事を紹介してくれる求人サービスを選択することができます。薬剤師向けの求人情報サービスでは、ブランク有といった一定の条件で求人を探すことができます。また転職エージェントを利用するのも良い方法です。ブランクがあっても薬剤師転職ができた人の情報を持っていますし、実際に転職をサポートしてきた経験を持っているからです。ブランクがあることで悩んでいる場合には、そのことを伝えることで適切なアドバイスを受けることもできます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.