薬剤師のWワーク・副業

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師のWワーク・副業

薬剤師のWワーク・副業

製薬会社に勤務するサラリーマンの薬剤師や、薬局に努める薬剤師の方がしているWワークや副業には資格を生かした仕事をするケースが目立ちます。例えばサラリーマンの場合、休日や仕事を終えた後にドラッグストアなどの調剤コーナーでアルバイトをする人がいます。ドラッグストアではできるだけ薬剤師を配置する時間を増やして、第一種医薬品の販売ができるようにしたいと考えている場合が多いため、Wワークとしては人気が高い業種となっています。週末に調剤薬局でアルバイトをしている薬剤師もいます。

注意したいのはWワークを禁止していないかどうかという点です。企業に勤めている人であれば、Wワークを禁止している場合が多く、見つかると最悪の場合解雇されてしまうこともあります。Wワークの際には勤務先の就業規則を尊重して選ぶことが大切だといえます。ただ会社によってはWワークを黙認している場合もあり、一概に勤務先の就業規則を確かめなければならないわけではありません。もしWワークをする場合には、本業に負担がかからないように仕事をすることが大切です。仕事のし過ぎで体に負担をかけないようにも気を付けてください。

薬剤師の副業として、資格を生かしたライターなどの仕事もあります。雑誌などに寄稿したり、WEB上の薬剤師向けのコンテンツの制作に関わったりする薬剤師もいます。自宅にいながら副業ができるため、会社に知られる心配は低く、ちょっとしたお小遣い稼ぎになっている人もいます。WEBライターなどの副業をする場合には、引き受ける仕事量に注意を払うようにしてください。多くの仕事を引き受けてしまうと、本業に支障が出てしまうこともありますし、体を壊してしまう心配も出てくるからです。いくつもの仕事を両立するのはかなり大変なことですから、計画をしっかり立ててそれを実行する意志の強さも必要です。

副業を行なわなければならないほど、今の待遇が良くないと感じる場合には、一層のこと転職をして報酬アップを目指すのも一つの方法です。副業やWワークをしたときと同じくらいの給料が得られるとすれば、敢えて副業をする必要性はなくなります。もし好条件の求人を探したい場合には、転職エージェントを活用してみると良いでしょう。薬剤師向けの求人情報を提供する会社では転職エージェントサービスを設けています。今よりも待遇の良い医療機関の求人情報など、希望に合わせた求人情報の提供をサポートしてくれます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.