薬剤師の研修

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師の研修

薬剤師の研修

薬剤師は薬に関する知識を常に最新の状態に保つため、定期的に医薬品についての情報を学習する責任があります。大学で学んだ知識だけでなく、就職後も知識を身に着けていくため、生涯学習が伴う資格と言われています。薬剤師になった人たちは勉強がもともと好きだったという人が多く、学ぶ意欲を持ち続けている人が少なくありません。しかし自分自身で学び続けるには限界があるのも事実ですし、医療現場に合わせた適切な知識を身に着けることも大切になります。そのため病院などの医療機関に勤務する薬剤師には研修制度が設けられています。

医師や看護師に研修制度があるのと同様に、薬剤師の研修制度はあらかじめ定められたカリキュラムの元に行なわれます。新薬について学ぶだけでなく服薬指導、チーム医療の在り方など医療に直結する情報を学びます。カリキュラムは学習課程に加えて実地訓練が伴います。シミュレーションを行ない、服薬指導に関する実際的な提案を学ぶこともできます。医療機関は定期的に研修制度を設けることで、質の高い医療の提供を実現することができます。

調剤薬局やドラッグストアにおいても、それぞれの会社ごとの研修制度が設けられています。薬学に関する情報だけでなく、福祉面でのケア情報など目的別にカリキュラムが組まれています。最近ではパソコンを使ったEラーニング制度を導入するところも増えたため、自社内で研修が受けられるようになっています。時間を短縮できるだけでなく、質の高い情報をどこでも得られるため情報格差がなくなるというメリットもあります。研修制度は公益法人が実施するものもあり、薬剤師としてのスキルを磨くために自分から申し込むことも可能です。もし今仕事をしていないものの、薬剤師のスキルが衰えないようにしたいと考えている場合には、これらの研修制度を受けてみるのも良い方法です。

研修制度が充実していると、薬剤師の能力をさらに伸ばすことができるようになります。そのため転職の際には研修制度を導入している医療機関を選ぶようにする薬剤師もいます。また研修制度が充実している医療機関を紹介してもらう人もいます。これらの情報は転職エージェントから入手するのがおすすめです。転職エージェントとは薬剤師向けの求人情報を提供する企業が配置するスタッフで、薬剤師転職についてサポートを差し伸べるコンサルタントのことです。無料で利用できますから、積極的に活用することをおすすめします。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.