薬剤師とチーム医療

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師とチーム医療

薬剤師とチーム医療

最善の医療を提供し、患者が前向きに治療に取り組めるよう助けるのがチーム医療の役割です。患者もチームの一員として加わることで、医師、看護師、薬剤師といった医療関係者と連携して積極的な姿勢で治療に取り組むことができます。チーム医療で中心的な役割を果たすのが患者です。患者はいわば円の中心になります。患者を中心に薬剤師などの医療関係者がチームとしての役割を果たします。チーム医療はがんなどの難病に取り組む点でも大きな役割を果たしてきたため、日本の医療界では必要不可欠な治療方法に位置づけされています。

チーム医療の中で薬剤師がその役割を効果的に果たすためには、高いコミュニケーションスキルが求められます。患者だけでなく医師や看護師と言った医療従事者と意思疎通を図り、最善の医療が提供できるように努めます。薬剤師は医師と違って治療そのものに関わるわけでは無いものの、チーム医療の中で医師との連携を図り、適切な薬が提供できるようにサポートを行ないます。そのためには医師とのコミュニケーションがどうしても必要です。患者が今抱えている問題を分析し、薬以外でも治療に役立つ方法を医師や看護師たちと一緒に考えます。

熱を下げるという目的に対して、熱の原因を突き止めるだけでなく、原因を改善するために身体的なケアをどのように行うかを考えます。それと同時に熱を下げるために必要な医薬品が何かを考えます。ですから薬剤師は単に医師の処方に基づいて薬を出す以上のことがチーム医療では求められるのです。チーム医療において、薬剤師は患者をよく観察する必要があります。医師や看護師が気付いていない患者の何らかの兆候に気付いたなら、すぐにそのことをチーム内の関係者に伝えます。自分は薬剤師だからと薬以外の事柄についての提案を差し控えるのではなく、むしろ今時分か考えていることを積極的に伝えます。そして同じチーム内の医師や看護師に必要と思われる有益な医薬品に関する情報や効能に関する知識を伝えます。

互いに連携することで、治療を安全かつ確実に進めることができるのが、チーム医療のメリットです。薬剤師としてチーム医療に携わりたいと考える場合、総合病院や大学病院での薬剤師勤務を考慮することが必要になります。自分のスキルを上げ、薬剤師としてやりがいを見出すためには転職を考えるのも良い方法です。転職の際には、チーム医療を提供する医療機関に詳しい転職エージェントのサポートを活用するのも良い方法です。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.