薬剤師のスキルアップ

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師のスキルアップ

薬剤師のスキルアップ

薬剤師としてスキルアップを目指すことで、仕事の幅を広げることができるだけでなく、患者からの信頼を得られるようになります。薬剤師のスキルアップで今注目されているのは、福祉関連の資格です。老齢保健福祉施設の増加に伴い、福祉関連の資格取得者の必要性が高くなっています。ホームヘルパーやケアマネージャなどの資格がそれに当たります。ケアマネージャの資格を取得するために、老齢保健福祉施設や特養、グループホームなどの老人向けの施設への転職を行ない、スキルアップを目指す人がいます。福祉関連施設では薬剤師を配置する施設が少ないこともあり、介護と調剤の両方で働ける薬剤師は重宝されます。

ドラッグストアで勤務する薬剤師であれば、医薬品の知識に加えて健康食品やサプリメントに関する知識を得る必要があります。サプリメント人気に伴い、サプリの効能や適切な服用方法のアドバイスを求める顧客も増えています。薬剤師の中にはスキルアップを目指してサプリメントアドバイザーなどの資格を取得する人もいます。サプリメントアドバイザーのほかに健康食品管理士や栄養情報担当者などの資格も役立ちます。ビタミンやミネラルの効能やハーブの適切な組み合わせについての提案ができます。

職場でのコミュニケーションスキルの向上を目指して、話し方講座を受講する薬剤師もいます。同僚や患者とのコミュニケーション力を磨くことで、業務を円滑に行えるだけでなくストレスの軽減にも役立てることができます。患者との円滑なコミュニケーションは信頼関係の構築に役立ちます。地域から信頼される薬剤師を目指すなら、薬局の評判を向上させることができ、結果として自分に良いものが返ってきます。薬剤師とはあまり関係のない分野と思われがちですが、実際はそうではありません。

薬剤師のスキルアップのためにレセプトの計算が行える医療事務の資格を取得する人もいます。診療報酬や調剤報酬は定期的に改定されるため、診療報酬計算を行なう医療事務有資格者はなくてはならない存在です。薬剤師がその資格を持つことで、小さな薬局であれば点数計算を行なう事務作業を担うこともできます。レセプトの仕組みを理解しておけば、ジェネリックを処方する場合とそうでない場合の価格の違いも把握できますし、患者に対して適切な提案を行なうことも可能になります。通信教育で取得できる資格ですから、空いた時間を活用して取得を目指すことも可能です。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.