薬剤師の退職理由

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師の退職理由

薬剤師の退職理由

薬剤師の転職を考えている人であれば、これまでに一度もしくはそれ以上の回数で退職経験があります。薬剤師の退職理由は人それぞれですが、その理由には家族の都合、職場でのストレス、待遇への不満などがあります。家族の都合は、たとえば結婚を機に退職するというケースや子どもが生まれるため育児休暇を取らずに退職するといったケースがあります。また子どもが学齢期になったため、子どもへの教育をしっかり行うためにあえて職場を去ることにした人もいます。家庭の状況により、仕事を続けるかどうかを考慮して退職するというのは良くあることです。このような理由の場合、家の状況が落ち着いた後に職場復帰するケースが見られます。

薬剤師を対象にしたアンケートによれば、職場でのストレスも薬剤師を退職することにした理由に挙げられています。人間関係で起因する摩擦がストレスになり、どうしても耐えられなくなって薬剤師を辞めることにしたというケースがあります。薬局の場合は勤務する薬剤師の数が少ないため、どうしても人間関係が密になってしまいストレスの原因になります。人数がいる場合でも、女性薬剤師が多いと派閥が出来上がってしまいそれがストレスになる場合もあります。ストレスがたまり続けると体を壊してしまうなどの影響が現れるため、退職を決意するようになります。

待遇への不満も理由に挙げられています。薬剤師の給料は医師の高額報酬に比べて少ないため、不満の種になる場合があります。当直勤務などのハードスケジュールをこなすだけでなく、新しい医薬品に対する知識を深めたり、新たな情報を入手したりと学び続ける必要があるのが薬剤師ですから、仕事以外にも時間が取られることがあり、やがてそれがストレスになって待遇への不満につながってしまうことがあります。待遇面が改善されないと、他の医療機関への転職を考慮するようになります。

薬剤師の退職理由は取り上げた点以外にも、調剤上のミスや薬局の閉鎖、医療機関の人員調整などが含まれます。院外処方を進める総合病院では薬剤師がリストラに遭うケースもあり、かつてのように雇用が保証されていた時代とは打って変わって淘汰される時代に突入しています。もし退職することにした場合、転職を考えるかもしれません。その際に役立つのが転職エージェントです。薬剤師向けの求人情報を提供する企業が無料でサービスを提供し、転職をサポートしています。自分に合った医療機関を見つける点でも助けになります。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.