薬剤師と看護師との関係性

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師と看護師との関係性

薬剤師と看護師との関係性

一昔前では病院内でも薬剤師と看護師が一緒にいる時間というのはとても少ないものでした。薬剤師は調剤や服薬指導で忙しかったですし、看護師は患者への処置や医療サービスなどで忙しかったからです。もちろん現在でも両者の忙しさは変わりませんが、最近では「チーム医療」に取り組んでいる病院が多く、この患者さんに対してどのようなケアが必要か、或いはどのような薬を使ったら効果的かなど、薬剤師と看護師がお互いの意見を出し合う機会が増えてきました。

看護師側としてはより有用な薬学情報を知りたいわけですから、薬学知識が豊富な薬剤師の意見を尊重してくれる人が多いですし、また薬剤師側としては、薬剤師の意見を快く思わない医師の間に立ってくれて、医師との橋渡しをしてくれる看護師の存在はとても大きいと言えるでしょう。両者の存在は患者に対するより良い医療サービスを提供していく上で、とても欠かせないものとなっています。

薬剤師は看護師の存在が大きいものであるとわかっているにも関わらず、例えば多忙を極める看護師に対して雑務を頻繁にお願いしたりしていると、看護師への配慮が足りない薬剤師というレッテルが貼られて仕事がしづらくなってしまいます。看護師は女性の多い職場ですから、一人の看護師の心象を悪くさせてしまうと、その他の看護師に波及する可能性もあるので、看護師への対応は注意しておきましょう。もし薬剤師が男性の場合は、悪意が無くても女性蔑視と取られかねない発言のせいで職場にい続けることさえできなくなる可能性があるので、特に注意した方が良いでしょう。

正直言って一度こじれた人間関係を修復するのはかなり難しいです。そうなる前に、人間関係のトラブルが生じないように看護師に対して最大限の配慮をしておくことが大切です。お互い医療現場において専門家であるということを認識して、相手に対して協力する姿勢でいることが大切です。しかし中には自分の鬱憤を晴らすために悪口を言ったり、嫌がらせをしたりする輩もいます。その場合は部外者に相談したり、自分が努力したりしても自分が人間関係で疲弊するだけですから、別の職場を探した方が賢明と言えるでしょう。せっかく努力して薬剤師の資格を取得し、患者のためによりよい服薬指導を行おうと思っていても、改善しない人間関係の泥沼に巻き込まれてはどうしようもありません。よりよい環境で仕事ができるように今の職場でレベルアップを図ってください。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.