薬剤師の就職難

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師の就職難

薬剤師の就職難

ドラッグストアが次から次へと新規出店し、それとともに薬剤師の配置が必要不可欠となってきた昨今、薬剤師求人は売り手市場の様相を呈していました。しかし登録販売者資格の創設により、薬剤師を配置しなくても第二種医薬品を取り扱えるようになったり、ネットでの医薬品販売解禁の流れを受けたりして、かつてのような状況は沈静化しています。都心部では薬剤師が飽和状態になり、医療機関での薬剤師求人は少なくなっています。この背景には院内処方の取りやめも含まれています。こうした理由により、就職難に直面する薬剤師もいます。薬剤師が就職難と言われているのは、都心部など薬剤師の絶対数が多い地域に限られています。

離島や山間部などのへき地における医療現場では、薬剤師不足が深刻になっているため、待遇を良くすることで薬剤師の人材確保に努めている医療機関もあります。もし都会に住んでいてなかなか転職先が見つからない場合には、地方での勤務を選択肢に入れてみることもできます。都会に比べて不便なところはありますが、待遇面を考慮すると決して過小評価できない案件が少なくありません。寮を完備していたり、報酬は都会と同水準もしくは高めに設定したりしている場合もあり、かえってねらい目だといえます。地方との格差が薬剤師の就職難を生み出している現実があるため、転職を希望する場合には視点を変えてみることも大切です。

就職難と言われる別の理由は、病院での求人が減少したことに起因しています。病院では質の高い医療をより適切に提供するため、合理化を進めています。その一環となっているのが院外処方です。かつては病院内薬局による院内処方が普通でしたが、今では病院の周囲にある調剤薬局での調剤が一般化しています。そのため病院での薬剤師の求人数は減少することになりました。ですから病院に絞って仕事を探そうとすると、求人案件が見つからないことも珍しくありません。

求人数の多い医療機関の情報や、待遇面で条件の良い求人案件など薬剤師の仕事探しで悩んでいるなら、転職エージェントを利用してみることをおすすめします。薬剤師の求人傾向や都会と地方との違い、就職しやすい医療機関の紹介や、条件の良い非公開求人情報など幅広く薬剤師の転職をサポートするのが転職エージェントの役目です。無料の会員登録で利用することができるだけでなく、相談や仕事探しに関するすべてのサービスを無料で受けられます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.