薬剤師の在宅医療

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師の在宅医療

薬剤師の在宅医療

高齢化社会に対応するため、在宅医療に取り組む薬局が増加しています。在宅医療における薬剤師の役割は大きくなることが予想され、今後薬剤師の新たな活躍の場として注目を集めています。地方、都心に関わりなく高齢者を支える環境づくりは官民一体となって進められていて、高齢者が安心して生活できる社会の構築が行われています。医療界における在宅医療の必要性は非常に高くなっているため、人手不足が続いている状況です。薬剤師は飽和状態にあるといわれて久しくなりますが、在宅医療の分野では逆に薬剤師不足が起きています。

在宅医療における薬剤師の役割は、健康上の問題ゆえになかなか薬局へ出向くことのできない高齢者や患者のところに医薬品を届けることです。地方の場合、車などの移動手段がなければ薬局へ行くことが難しい患者も少なくないため、自宅まで医薬品を届けることができる薬剤師の働きは重宝されています。薬剤師は医薬品を届けるだけでなく、服薬指導なども合わせて行ないます。薬剤師が医師による往診に同行し、在宅医療を受ける患者の投薬面での必要性を判断します。高齢者の健康維持や適切な服薬など患者の生活を支える重要な役割を薬剤師が果たしているのです。

老人性の痴ほうなどが原因で薬の服薬管理があいまいになってしまっている患者に対しては、薬の飲み忘れが無いように適切な指導を行ないます。スケジュールを元に、適切にお薬を服用できるように管理を行なうのも薬剤師の務めです。薬の管理をするのが難しい患者もいます。どの薬を何錠飲めばよいのか分からなくなってしまい、適当にお薬を飲んでしまう高齢者が後を絶ちません。薬剤師はこのようなケースでも管理を行ない、服薬により健康を害することがないようにサポートを行ないます。そのため在宅医療に携わる薬剤師にはレベルの高いコミュニケーションのスキルが必要となります。

在宅医療に携わる薬剤師は、在宅医療を受ける患者の家族とのコミュニケーションを保つようにも努めています。服薬面において家族の協力は必要不可欠です。毎日定期的に往診できるならその心配はかなり軽減されますが、それを実施するのはかなり難しいのが実情です。そのため家族に対して医薬品に関する情報提供を行なったり、管理指導を行なったりします。介護保険が適用になるため、今後利用者はさらに増えることが予想されます。転職の際には、在宅医療の薬剤師求人を探すことで将来性のある仕事が見出せます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.