薬剤師の将来性

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師の将来性

薬剤師の将来性

薬剤師として勤務し続けることで社会的地位が向上したり収入がさらに増えたりするといった将来性が果たして期待できるのだろうか、と疑問を持つ人がいます。だれであっても今から20年後、30年後の自分はどうなっているのだろうかと考えることがあるものです。できれば将来も安定した生活を送りたいと考えます。医療従事者であれば将来も必要不可欠な分野ゆえに、薬剤師も将来性がある仕事と考えるかもしれません。様々な考えがありますから、今後の予想などを含めて、将来に期待できるかどうかを今から考えておくのは良いことです。

薬剤師の需要についてですが、大都市圏での薬剤師の需要はほぼ満たされていると考えて良いでしょう。ドラッグストアや大型スーパーの薬局では、人員確保のための薬剤師求人が多く見られた時期がありましたが、定年退職を迎えた人が薬剤師資格を生かして再雇用を希望する事例が増えているため、かつてのように薬剤師が足りなくなることは今のところ起きてはいません。都市部ほど飽和状態になっていますから、将来性を考える場合、地方での勤務を選択肢の一つに入れて考えることをおすすめします。地方の薬局やドラッグストア、さらには病院や個人クリニックでは薬剤師不足が続いている地域もあります。思い切って離島やへき地での医療に貢献するという選択肢もあります。

薬剤師の卒業大学はそれほど重要視されることはありません。スキルアップを目指して有名大学の薬学部に新たに編入する必要はありませんし、かえって時間の無駄になってしまう可能性があります。2006年以降は薬剤師資格を取得するために6年制課程を選ぶ必要があり、大学課程では共通のカリキュラムが組まれ、どの大学を出たとしても試験に合格すれば共通の薬剤師国家資格が得られます。ですから将来性を考える際には、学歴については心配する必要はないといえます。

薬局勤務を経てやがて起業を目指す選択肢があります。起業は将来性のある選択肢として注目されています。例えば院外処方の病院や個人クリニック、老齢保健施設が増加すると、院外薬局が必要になります。経験やノウハウを生かして初期投資を行ない、起業することで大きな成功を収めたというケースが増えています。薬局を開局する場合には、都心部よりも地方が有利です。地代が安いことや薬剤師の人材がいないことも挙げられます。薬剤師は専門職ですから、資格を有利生かすことで将来を確かなものにできます。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.