薬剤師と英語力

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師と英語力

薬剤師と英語力

薬剤師の仕事で英語力が必要かと尋ねられれば、答えは「No」です。一般的に調剤薬局や病院で薬剤師として働く場合は調剤の経験や応対スキルなどが問われることがほとんどで、英語力を要求されることはほとんどありません。東京など大都市圏で外国人が多く居住している地域であれば、ある程度の英語力があることにこしたことはありませんが、大抵日本に住んでいる外国人は日本語が流暢に話せますから、英語力を心配する必要はほとんどないでしょう。もし患者さんとの応対で外国語力が必要というのであれば、それはむしろ英語よりも中国語やポルトガル語の方が需要が多いと言えます。

薬剤師で英語を活かした仕事がしたいのであれば、調剤薬局や病院よりも、製薬会社で働くことをおすすめします。製薬会社では新薬を上市したり、或いは輸入したりしていますから英語力は必要ですし、上司が外国人であることも多いですから、常にビジネスレベルの高い英語力でコミュニケーションを取る必要があります。学術担当者であれば英語で書かれた世界中の論文や文献を読みこなす必要がありますし、事務職であっても薬事関係の文書作成において英語力が必要となってきます。もし薬剤師の資格を持っていて英語力を活かして働きたいと願っているのであれば、CRO(受託臨床試験実施機関)で働くという選択肢があります。

CRO(受託臨床試験実施機関)とは製薬会社に代わって臨床試験を行う機関で、シミックやイーピーエス、クインタイルズなどが有名です。治験実施計画書(プロトコル)等治験に関する書類を作成したり、治験を行う医療機関とコンタクトをとっていったりなど、治験に関する様々な仕事を製薬会社から引き受けます。医療機関とのコンタクトの仕事はCRAと言い、この仕事は薬剤師だけでなく臨床検査技師や看護師など、薬剤師と同じく医療に関する豊富な知識と経験を持った人がチャレンジしている仕事で、CRO各社では最初にこのCRAから仕事をスタートさせるケースがほとんどです。CRAは医療機関と製薬会社のパイプ役ですから高いコミュニケーションスキルが必要です。高い英語力や薬学に関する知識や経験があり、それを活かしたいと思うのであれば、CROの様なワールドワイドで仕事ができる中に身を置いてみるのが良いでしょう。まずそれには、現在仕事をしている所で自分のベストを尽くして薬剤師としてのレベルアップを図り、次のステップに挑んでいきましょう。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.