薬剤師と学歴

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師と学歴

薬剤師と学歴

薬剤師になるには国家試験にパスすることが大前提ですから、一流大学であろうと、名前も知らないような三流大学であろうとあまり関係がないと思われるかもしれません。もちろん調剤薬局や町の病院などで働く場合は学歴を問われることはほとんどないでしょう。

しかし場所によっては高学歴ではないと働けない所があります。一つ目は厚生労働省です。厚生労働省で働くことができれば、社会的信用が高いですし、福利厚生も手厚いので希望の就職先として大変人気があります。しかし厚生労働省で働くには難関の国家公務員試験に合格する必要があり、これに合格しているのは東大や京大など一部の大学が圧倒的に多いです。

 その他の高学歴が必要な所と言えば大手の製薬会社や大病院などです。これらの就職先は高収入が期待できるので、薬学部の学生さんから見れば憧れの的でしょう。しかしこれらの人気の就職先も高学歴の学生が採用される傾向にあります。大手の製薬会社や大病院などは歴史のある大学のOB、OGが働いていることが多いので、自然と高学歴の人が集まりやすい環境となっているのです。

自分は三流大学の学部生だけど、どうしても一流の製薬会社で働きたいという人でも、学歴を理由に夢をあきらめる必要はありません。例えば東大の博士課程を目指すのであれば、その系列にある修士課程を目指せば良いのです。自分がいる大学がすでに東大の修士課程の系列であれば、そのまま修士課程に進めば大丈夫です。もし系列が違うのであれば、東大の修士課程の系列の大学院で修士課程を終えます。そしてその後東大の博士課程に進めば最終学歴が東大の博士課程になるので、学部から東大を目指すよりもはるかに簡単です。

一流企業や厚生労働省など、一部の人気就職先にはいまだに高学歴が必要であることは確かです。どうしてもこのような所に行きたいというのなら話は別ですが、そうでなく薬剤師として自分の実力を試したいという人であれば学歴に関係なく実績やスキルで採用してくれる薬局や企業を選んだ方が良いでしょう。英語力があればCROに入社することができますし、高いコミュニケーションスキルがあればどの病院にいってもひっぱりだこでしょう。むしろ自分らしく自分の薬剤師としてのレベルを上げていくのであれば、学歴に固執する古い体制の所よりも新しい感覚で働けるところの方が向いているかもしれません。自分が薬剤師としてどのように働きたいのか今一度棚卸してみて、自分にあった就職先を選んでください。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.