薬剤師と認定資格

薬剤師の悩みTOP >> 薬剤師の日々の悩み >> 薬剤師と認定資格

薬剤師と認定資格

薬剤師は常に新たな医薬品に関する知識を習得する必要があり、一生勉学とともに歩む資格と言っても過言ではありません。薬剤師免許は試験に合格することで公布されますが、腫れて薬剤師免許を取得できたとしても、その後の生き方次第で知識や技能にそれぞれ差が現れるようになります。また医薬品は常に新しいものが開発されており、薬学分野の高度化が顕著にみられるようになっています。そのため薬剤師の中でも特に高い技能や知識を有する薬剤師を認定するための認定制度が設けられるようになりました。

薬剤師認定制度には幾つもの種類があり、分野別、スキル別に分かれています。薬剤師としてスキルアップを目指すためにも提供されている認定資格を取得することが大切です。認定資格は転職にも有利に活用することができるため、薬剤師の間でも注目を集めています。薬剤師として一定のスキルを保てるようにするための認定制度に、研修認定薬剤師制度と認定実務実習指導制度があります。数年ごとにこれらの認定制度を受講することで、薬剤師としての知識を蓄えることができるだけでなく、実務経験を有するキャリア薬剤師としての認定が受けられるメリットがあります。

チーム医療に携わる薬剤師であれば、従事する医療機関の診療科目に合わせた認定制度を受講することも大切です。がんや感染症、精神疾患、エイズといった症例別に適切な医薬品の選定ができる知識と技能を有する薬剤師であることを認定する制度が設けられています。がん治療における薬剤師の役割は年々高くなっていますから、がん薬物療法の認定資格は人気を集めていて、スキルアップの一環として受講を目指す人や、患者がより安心して医療を受けられるように受講を受ける薬剤師もいます。それぞれの疾患に特化した認定資格を有することで、病院側からの信頼が得られるというメリットもあります。

高齢化社会に合わせて薬剤師資格を有利に活かすための認定制度もあります。緩和ケアや在宅療法における認定資格制度が創設されたことにより、老齢福祉施設や老人ホームへの就職や転職に役立てることができるようになりました。また漢方を扱う薬剤師の認定資格として漢方薬認定制度も設けられ、医療の多様化に対応するための制度が次々と創設されています。それぞれの認定資格は転職の際に生かすことができ、有利に転職を進めることができるため、在職中に認定資格取得を目指す人も少なくありません。

薬剤師の悩みも解決!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師悩みガイド【※大手サイトで悩みを解決!】 All Rights Reserved.